ニュース   ジェイアーンとは     国際協働学習    オンラインジャーナル     入会案内      お問い合わせ
    
国際協働学習
研究・提案・発信

国際協働学習を始めよう!
ジェイアーンは、プロジェクトベースの国際協働学習をすすめる上での役立つ情報を、下記の見出しをつけて公開しています。また、ジェイアーンWebのサイト内検索につきましては、Google検索窓に、キーワードを入力し、クリックすると検索できます。これまでのジェイアーンの国際協働学習実践データをぜひご活用ください。 

プロジェクト紹介: アイアーン・プロジェクト / ジェイアーンYouthプロジェクト  
実践に役立つ情報: アイアーン コラボレーション・センター / 初めての国際協働学習/FAQ
JEARNワークショップ  /  アイアーン学習会 ・  研究ワークショップ(デジタル・シティズンシップ教育) 
JEARNワークショップ+活動報告会/Archives
研究と成果: JEARNオンラインジャーナル  / ジェイアーン活動報告会  /  グローバル教育イベントの報告



グローバル化、デジタル化を力に
子どもたちが 楽しく 世界と学ぶ! 国際協働学習


SDGsへの取り組み
ICTを活用した「プロジェクト学習」がベース

アイアーン (iEARN:International Education and Resource Network)は、デジタル・ツールをつかって、世界のK-12(幼稚園-高等学校)を対象に、同世代の世界の仲間と協力して変化をもたらす、国を超えた協働を可能にする仕組みを開発しました。そのプラットフォームである「コラボレーション・センター」を通して、世界から参加の生徒や若者が、協働で、SDGsを目指す100以上のアイアーン・プロジェクトに取り組んでいます。


 図1 アイアーンの仕組み
コラボレーション・センターについてはこちら
図2 アイアーンプロジェクト・ブック2022-2023
アイアーンプロジェクトとは は
こちら
        

ジェイアーンは、アイアーンの日本センターとして、「世界と学ぶ!」をスローガンに、アイアーンのグローバル・ネットワークを使ったプロジェクトベースの「国際協働学習」を通して、日本の子どもたちや若者たちに向けたグローバル・シティズンシップ(地球市民)教育を推進しています。ジェイアーンが推進する「国際協働学習」は、国内外の教員、生徒と連携・協力して、グローバル標準であるプロジェクト学習を行うために、ICTをさまざまな場面で活用しています。




図3 ICTを活用した国際協働学習の概要
初めての国際協働学習/FAQはこちら


プロジェクト学習がベースである国際協働学習は、①準備、②制作前、③制作、④制作後の4つのステップで進み、第1ステップでは、海外への自己紹介、第2ステップでは、調べ学習、話し合い、第3ステップでは、メディア創作、第4ステップでは、プレゼンテーションや振り返りのように、全てのステップにおいてICTを活用することができます。右の図4参照

ICT活用のねらいは、生徒がグローバルネットワークの一員として、ICTを使って、ローカルとグローバルの両面で多様な他者と課題に取り組み、デジタル社会で強く生きていける、デジタル市民に自ら育つことです。



 図4 国際協働学習の流れ




GIGAスクール構想の推進 
グローバル標準の「デジタル・シティズンシップ教育」の実践
 
G I G A
スクールの進展で、本格的に進み出したI C T教育。新しい時代に必要なのは、テクノロジーを味方につけて世界に発信し、グローバル標準の学びをめざす「デジタル・シティズンシップ教育」です。ジェイアーンは、ICTを活用した一過性の異文化交流の問題点やデジタル・シティズンシップ教育の具体的な教材と実践事例を伺うことで、デジタル・シティズンシップの本質に気づき、デジタル・ツールの活用を前提とした異文化交流について再考し、デジタル市民として、世界と共に学ぶ「国際協働学習」の普及と開発に取り組んでいます。2021年度は、NPOと学校との連携として、ワークショップを6回、活動報告会、実践報告のオンラインジャーナルを発行しました。
これまでのワークショップ・研究会のアーカイブ&タイトルは、こちらからご覧ください。




  2022年度 第1回アイアーン学習会


2021年度 第2回研究ワークショップ


小中高大社会連携による国際協働学習
国際協働学習は、日本ではまだ新しい教育アプローチであり、学校現場への導入には新しい仕組みが必要です。ジェイアーン独自のグローバル教育事業として、地域連携やグローバル教育の機会が求められている大学を拠点として、大学生がファシリテーターとなり、小・中・高校生を対象にアイアー ン・プロジェクトを行う、「ジェイアーンYouth Project」を2017年にスタートさせています。このような日本の学校現場に合わせた効果的な国際協働学習を研究することは、今後の研究課題の一つです。 詳しくは、こちらからご覧ください。


ジェイアーン Youth Project 参加大学:



東洋学園大学 児童英語教育ゼミ

青山学院大学 国際政治経済学部 (SIPEC) 


今後の展望

急速な技術革新によるIoT・ビッグデータ・人工知能などによる変化を踏まえ、専門的な分析をいただきながら、新しい時代に求められる資質・能力を培う学びのモデルの開発に取り組むなど、Society5.0時代における学校の学びを意識した研究テーマで研究・提案・発信に取り組んでまいります。





これまでの研究の成果

ICTを活用した国際協働学習 iEARN "Girl Rising Project"

一般社団法人 日本私学教育研究所 研究事業調査資料 256 (2020年3月発行)P56-67 ISSN 0285-0891
グローバル教育と私学 ー SGH、国際交流、探求教育、IB教育、複言語教育 ー

啓明学園中学校高等学校 関根 真理


テディベアプロジェクトと大学の支援 -小学校英語を活性化させる可能性のある国際交流プロジェクト-
(JEARN総会・成果発表会2018での発表パワポ)

Kanazawa Youth Project 
金沢星稜大学人間科学部 清水 和久

大学を拠点としたHoliday Card Exchange プロジェクト
(JEARN総会・成果発表会2019での発表パワポ) 
Tokyo Youth Project 実践女子大学短期大学部  栗田 智子

国際協働学習ネットワークによるSDGs実現へのチャレンジ
(JEARN総会・成果発表会2016での発表レジメ)

防災世界子ども会議実行委員会  岡本 和子 納谷 淑恵


国際協働学習に関する研究論文


「協働学習」とは何か
法政大学キャリアデザイン学部 坂本 旬


アイアーンの国際協働学習とはなにか - 国際協働、プロジェクト学習、主体的・対話的で深い学び、グローバル・コンピテンスの視点から
Tokyo Youth Project 実践女子大学短期大学部  栗田 智子



「国際協働学習」に関連する寄稿論文の募集中!
こちらまで

ホーム       ニュース      ジェイアーンとは      国際協働学習         オンラインジャーナル        入会案内        お問い合わせ/FAQ
Copyright © JEARNの公式ウエブサイト