多言語 AI Translation
グローバル・シティズンシップを育む「外国語&総合的な学習」向けサイト
ニュース   ジェイアーンとは     アイアーンiEARNプロジェクト    ジェイアーンYouthプロジェクト  ネットワーク  国際協働学習の研究
オンラインジャーナル    入会案内   i組織概要ji gyお問い合わせ
初めての国際協働学習 / 国際協働学習モデル / ワークショップ                        
GOMI on EARTH Project

GOMI on EARTH プロジェクト とは

2022年5月28日
ジェイアーン Youth Project
MOTTAINAI ワークショップの報告

2022年5月19日に

、アイアーンプロジェクトに取り組む世界中のアイアーンスクールの生徒と教師が国際協働学習の成果を発表しました。


日本からは、青山学院大学国際政治経済学部(SIPEC)のユースファシリテーター2名(平井里緒菜・永岡瑞彩)が、GOMI on EARTHプロジェクトの一環として実施してきた “Mottainai Workshop”について発表を行いました。発表では、台湾・インド・エジプトの学校と、プラスチックごみ問題について一緒に考える機会が持てたことや、その成果について紹介しました。多くの方から温かいコメントをいただき、今後の活動に向けての励みにもなりました。以下は、発表学生のコメントです。

「今回のExhibition では今までにGOMI on EARTH がやってきた活動を主に発表しました。さらに、次に予定しているコンテストについても告知することができました。発表後のコメントから多くの方に知っていただけたと実感できました。改めて発表の場をいただけたことを感謝しています。」(
平井里緒菜)

「私たちのこれまでの成果を皆様に知っていただける機会をいただけて、とても嬉しく思います。

また、今後の活動についても共有させていただき、これから益々この取り組みを広げていけるよう励みたいと思います。」(永岡瑞彩) by iEARN-USA




2021年12月5日
ジェイアーン Youth Project
MOTTAINAI ワークショップの報告

2021年11月27日に、iEARN主催のWebinarが行われました。日本からは、”GOMI on Earth”プロジェクトと TOPA (The Olympics & Paralympics in Action)プロジェクトのグループファシリテーターがzoomで発表しました。 青山学院大学のユースファシリテーター(ジェイアーン Youth Project)は、Mottainai Workshopの成果を発表しました。 私たちの手から離れたGOMIは、その後どうなるのだろう?  ある日の主婦の疑問が ”GOMI on EARTH”誕生のきっかけとなりました。 その経緯から、現在の生徒たちの取組み過程を Part 1: You are GOMI Detectives Part 2: World GOMI Reality Part 3: You are GOMI Activistsと説明をしました。 続いてKathy先生(USA)によるクラス現場での取組みガイドと実践事例、最後に青山学院大学生によるMottainai Workshopの発表となりました。

I discussed the tie in with the Sustainable Development Goals , and some potential projects. I also shared that GOMI on Earth is a project that once you become involved , you will get very excited by it and want to be a part of it forever. I shared the Trashion Show and how the students decided what and how to inform the community and school about the GOMI problem on Earth.

 

青山学院大学のユースファシリテーター3名(鈴木奈美・平井里緒菜・永岡瑞彩)が、台湾・インド・エジプトの子どもたちへ実施したMottainai Workshopについて発表しました。

発表した学生からのコメントを紹介します。

・この度はみんなの活動を共有できる貴重な機会に参加させて頂けて、ありがとうございました。私たちはGOMI on Earthのメンバーをいつでも募集しています!これから更なる国同士の繋がりが作れることを願っています!(鈴木)

・全体を通して様々な活動の様子を知ることができ、また、自分たちの活動を振り返ることでこれからの活動への意欲になりました。世界中にいろいろな方法で同じ志へ向かっている仲間がいることを再確認できました。(永岡)

2日間のワークショップの内容について説明しました。1日目は自己紹介ワークショップをし、2日目にはまずクイズを通してゴミについて知ってもらうという内容です。今回の報告会を通し、今後さらに他の国の生徒たちに身近なゴミ問題について考えるきっかけを提供していきたいと思いました。 (平井)


Webinar全体の記録は以下をクリックしてご覧ください。

by iEARN-USA








2021年8月14日
ジェイアーン Youth Project

世界から参加校募集中!
日本発! MOTTAINAI ワークショップ






2021年8月、GOMI on Earth プロジェクトで、グループファシリテーターの岡田麻唯先生と青山学院大学の学生達が、ゴミ問題の解決をローカルとグローバルの両方で考える小中高対象の"MOTTAINAI ワークショップ"をスタートさせました。

この第1回のワークショップは、8月9・11日に、オンラインで台湾高雄からJhengsing Junior High Schoolの中学生が参加し、青山学院大学の学生がつくったプラスティックごみ対策の英語ビデオを視聴し、新聞紙の再利用を考えました。このビデオは、プラスチックごみが環境にどのような悪影響を与えるかをわかりやすく説明し、
プラスチックごみを減らすアイデアを多数紹介しています。

今後は世界から多くの学校を募り、地球環境問題をテーマとした国際協働学習を進めていきます。

お問い合わせ先: ジェイアーン事務局 office@jearn.jp 

*青山学院大学は、大学生が国際協働学習のファシリテーターの役割を通して、
グローバルシティズンシップの形成をめざす、ジェイアーン独自の教育事業ユースプロジェクトの対象校です。




プラスチックごみ対策の英語ビデオを発信
 2021-3-28



ホーム  ニュース  ジェイアーンとは アイアーンプロジェクト    ジェイアーンYouthプロジェクト     ネットワーク  国際協働学習の研究  オンラインジャーナル  入会案内  組織概要  お問い合わせ
Copyright © JEARNの公式ウエブサイト