グローバル・シティズンシップを育む「外国語&総合的な学習」向けサイト
多言語 AI Translation
ニュース  ジェイアーンとは (財務情報 アイアーンiEARNプロジェクト   ジェイアーンYouthプロジェクト   ネットワーク   国際協働学習の研究  オンラインジャーナル  
協力法人一覧
 / 入会案内 
iお問い合わせ 
 初めての国際協働学習 / 国際協働学習モデル / ワークショップ                 



JEARN ワークショップ


2020 -


JEARNワークショップ2020は、会員の皆様を対象に、オンラインによる「アイアーン 学習会」という形で、2020年8月~2021年6月(隔月6回)に、より実践的に皆様がアイアーンのプロジェクトに参加できるよう応援しています。
参加費は無料です。気軽に国内外からご参加いただければ幸いです。

またスペシャル企画として、JEARN、日本教育工学会SIG-08 &AMILECとの共催によるJEARN第1回研究ワークショップ「デジタル・シティズンシップ:メディア・リテラシーとの関係から学ぶ」を、12月13日(日)15:00-17:00にオンライン開催いたしました。これまで情報教育でふれてこられなかった「デジタル・シティズンシップ教育」を大きな柱とした講演および質疑応答を行いました。研究ワークショップの詳細は、こちらからご覧ください。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
                                               2021年5月21日


アイアーン 学習会


「アイアーン 学習会 全6回」は、アイアーンの仕組み、コラボレーションセンターの使い方、プロジェクトの紹介、QAセッションが基本となりますが、あまり枠にはめず、参加者のニーズに合わせて、気軽にわからないことを聞きあえる会にしたいと思います。




これまでの学習会の報告

ZOOMオンライン シリーズ12
「第6回 アイアーン 学習会」

GOMI on EARTH Project ワークショップ
 
  


SDGs目標14「持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、
持続可能な形で利用する」に最適なプロジェクトです。
            
日時:2021年5月29日(土オンライン終了
対象 : ジェイアーン会員
スケジュール
< 1部 14:00-14:30 >
アイアーンのコラボレーションセンターでの書き込み体験
iEARNのWEBサイト”GOMI on EARTH”のWorkshop&quot;に書き込み体験します。
青山学院大学の学生が作ったGOMI on Earth の啓発ビデオについての感想などを書き込んでみましょう。
*書き込みには事前に、iEARNのIDとパスワードが必要です。書き込みの様子を見学することもできます。


JEARN 研究&ワークショップ担当 
清水 和久

< 2部 14:40-16:00 >   
講師:グループ ファシリテーター 高木 洋子
(1)GOMI on EARTHの3段階の実践説明(Your steps to GOMI on EARTH)

(2)GOMI on EARTH 具体的な実践事例 (How to enjoy GOMI on EARTH)

(3)感想交換 (Your suggestions to GOMI on EARTH)





ZOOMオンライン シリーズ10
「第5回 アイアーン 学習会」

Machinto - Hirohsima for Peace
Project ワークショップ
平和教育の実践 広島/長崎
日時:2021年4月10日(土オンライン終了 
対象 : JEARN会員
スケジュール
< 1部 14:00-14:30 >
アイアーンの概要と基本的なコラボレーションセンターの使い方、および全般的なQ&A
JEARN 研究&ワークショップ担当 滝沢 麻由美

< 2部 14:40-16:00 >   
講師:グループ ファシリテーター 高木 洋子






1)Machinto - Hiroshima for Peace Projectの紹介
(1)絵本「まちんと」との出会い
       松谷みよこ氏メッセージ(video)

(2)iEARN Project 出発~あゆみ
   A Photo by Siera Leone
(3)2020 海外活動    
・LA EXPERIENCIA MACHINTO : Report Book by iEARN Latina (Argentina  Catalonia  Mexico PuertoRico  Paraguay  Honduras, Boston)         
MACHINTO 2020 by Arlene, Puerto Rico 14 questions to Yoko (2 videos)
Taiwan Dolphin class- 3 Machinto books and Lantern for Peace 
・MY MACHINTO  - video by Anusia, Argentina        
*Machintoのこれまでの参加国は、34カ国・地域です。

(4)2020 国内活動
活水女子大学による「長崎の語り部 Peace Talk」
            活水女子大学 吉牟田 聡美

活水女子大学国際文化学部英語学科2年の学生が『語学ボランティア演習』で、アイアーンのメキシコの高校生に対して、オンラインによる平和授業「長崎の語り部 Peace Talk 」の配信のお手伝いをしました。その模様がNHK長崎で放送されました。大学を拠点としたJEARN Youth Projectの輪がさらに広がるといいですね。

A Photo by Siera Leone  






       ー質問タイムー

2)意見交換&交流タイム
  「平和教育の実践 広島/長崎」を世界の次の世代へどう伝える?
3)まとめ







ZOOMオンライン シリーズ9
「第4回 アイアーン 学習会」

Girl Rising Project ワークショップ
テーマ:Girl Rising
日時:2021年2月6日(土)オンライン終了

スケジュール

< 1部 14:00-14:30 >

アイアーンの概要と基本的なコラボレーションセンターの使い方


JEARN 研究&ワークショップ担当 栗田 智子
 
 
< 2部 14:40-16:00 >  *2部からの参加可能 

1)
Girl Risingの紹介   


グループ ファシリテーター 関根 真理

啓明学園中学高等学校の関根真理先生が、高校3年の選択授業「国際理解」で行っている、英語での「ICTを活用した国際協働学習」の実践を事例として、評価方法も含め発表していただきました。

これまでの取り組みは、こちらからご覧ください。



2)交流タイム

小・中・高・民間・大(Youth)別(当日の参加者構成による)のブレイクアウトルーム
   





ZOOMオンライン シリーズ7
「第3回 アイアーン 学習会」
Teddy Bear Project ワークショップ 
テーマ:Teddy Bear


JEARN 研究&ワークショップ担当 清水 和久


日時:12月6日(日)
オンライン終了

*Zoomミーティングルームでの発表、質疑応答を行いました。

趣旨
「テディベアプロジェクト」について、JEARN Youth Projectとしての大学生のサポートとその内容、金沢市立小学校の実践2本と星稜中学校の実践1本の発表の後、質疑応答やテディベアの交流内容について意見交換をしました。


スケジュール
<1部 10:00-10:20>  

アイアーンの概要と基本的なコラボレーションセンターの使い方

<2部 10:20-12:00> 
1)テディベアプロジェクトの紹介

2)テディベアプロジェクトの実践報告

〇大学生のプロジェクト支援について  金沢星稜大学(JEARN Youth Project) 
 ・100人村ワークショップ(オンラインで実施)
 ・Lineグループ上でのサポート
 ・翻訳支援、動画作成支援

「テディベアプロジェクト ー今だからこそ必要な力、これからずっと必要な力」
  5.6年生  金沢市立大野町小学校 角納裕信

〇「プログラミング教育と国際交流の融合」6年生  金沢市立四十万小学校 齋藤亜蘭

〇「中学校におけるテディベアプロジェクト実践上の留意点」1年生 星稜中学校 森 直樹 

3)質疑応答、交流内容の意見交換及びまとめ 






ZOOMオンライン
シリーズ6
第2回 アイアーン 学習会

日時:
11月1日(日)オンライン 終了

TOPA Project ワークショップ
TOPA
(The Olympics & Paralympics in Action)


テーマ:TOPA

講師:
JEARN 研究&ワークショップ担当 滝沢麻由美




スケジュール

<1部 10:00-10:25>
アイアーンの概要と基本的なコラボレーションセンターの使い方

<2部 10:30-12:00>
1)TOPA Project(参加対象:小中高)の紹介とプロジェクト・ スペースの使い方
*コロナ禍でのTokyo2020+1を通して、'wellbeing’と’    
 solidarity(連帯)’を目標に進めます。




 

 
2)
ZOOMのブレイクアウトルーム機能をつかって、参加者構成による小グループでのミーティングに参加し意見交換


 
3)「アイアーンプロジェクトの導入とその評価」の実践報告
 


 
「アイアーンプロジェクトの導入とその評価」の実践報告
 
  実践紹介:福島県須賀川市立白方小学校 教諭  鹿又 悟先生


アイアーンプロジェクトとユネスコスクール、メディア・リテラシーそしてSDGsをつないだはじめての実践を報告していただきました。アイアーンのネットワークをつかって、世界中の学校に、コロナ禍での子どもたちの思いを英語と映像を用いたビデオメッセージを送ることができました。このビデオは授業の成果物です。

詳しくはこちらから


全体の報告はこちらから






ZOOMオンライン シリーズ4
「第1回 アイアーン 学習会」報告はこちらから









これまでのワークショップ

2020年3月17日投稿
ZOOMオンライン シリーズ1
オンライン講演会『世界と学ぶ、未来の教育モデル iEARNとは何か』
『世界と学ぶ・・・・・』ダイジェスト版ムービーを公開!  2020.7.23
3月15日、「世界と学ぶ、未来の教育モデル iEARNの仕組みとは?」と題して、アイアーンの国際協働学習についてのZoomによるオンライン講演会を開催しました。
新型コロナウィルス感染が世界的に広がる危機の中、日本各地および海外から、30 名を超す教育関係者がオンラインで参加し、ICTを活用したアイアーンの国際協働学習をどのように日本の教育現場に取り入れられるか、意見交換をしました。
続きを読む


2019年8月25日投稿
iEARNワークショップを東京で開催

参加者はコラボレーションセンターにアクセスして、iEARNのプロジェクトがどのように行われているのかを体験しました。




2019年8月3日投稿
国際協働学習ワークショップを那覇で開催

世界最大の教育NGO(iEARN)のプロジェクト学習を体験しました。




2019年5月12日投稿
「アイアーンのサイトを使った国際協働学習」ワークショップを東京で開催

東京2020参画プログラムの新プロジェクト「TOPA」に注目が集まりました。



 
iEARN(アイアーン)国際交流講習会を那覇で開催

沖縄で iEARN 活動を続ける JEARN沖縄が、15 年ぶりに県内で講習会を開きました。





ホーム  ニュース  ジェイアーンとは  アイアーンプロジェクト  ジェイアーンYouthプロジェクト    ネットワーク  国際協働学習の研究  オンラインジャーナル  協力法人一覧  入会案内  お問い合わせ
Copyright © JEARNの公式ウエブサイト