多言語 AI Translation
ニュース  ジェイアーンとは   アイアーンiEARNプロジェクト  ネットワーク   国際協働学習の研究  オンラインジャーナル  協力法人一覧 / 会員登録  iお問い合わせ 
 国際協働学習に関心のある方へ / 国際協働学習モデル                  
                           ニュース: 2020年度JEARN総会&活動報告会 
グローバルプロジェクト推進機構 JEARN
2020年度 活動報告会
イベント名
オンライン JEARN実践報告会
ICT活用でSDGsをテーマに、世界と学ぶ!
 主催 NPO法人 ジェイアーン
開催日時 6月13日(土)14:00-17:00
参加形態 ZOOM 
オンラインでのライブ配信となります。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。
対象 JEARN会員 非会員の皆様も参加可能です。
参加定員 50名(事前登録制)
会費 無料
参加申し込み お申込み受付を終了しました。

お問い合わせは、こちらからご連絡ください。


開催趣旨

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が急速に世界に広がりパンデミックとなりました。対面での交流が難しい中、JEARNは3月15日よりオンラインによる講演会をスタートさせました。引き続き、COVID-19との共生の立場から、自宅から参加できるオンライン実践報告会を企画し、これまでのつながりを大切に、新しい生活様式に対応した運営を進めています。

JEARNは、世界140ヵ国・地域の学生、教育者が参加するアイアーンの日本センターです。「世界と学ぶ!」をスローガンに、ICTの活用で、日本の小・中・高校生と同世代の世界の子どもたちとを結びつけ、国連の持続可能な開発目標SDGsに貢献するプロジェクトベースの「国際協働学習」に取り組んでいるグローバル教育、ICT教育を推進するネットワークです。

本イベントは、日本の教育現場のニーズに合わせた小中高大社接続によるJEARN発信の「国際協働学習」について、JEARN会員がさまざまな視点から取り組んだ2019年度の研究・実践の成果や進抄を報告し、その成果の普及を図ります。皆様の幅広いご参加をお待ちしています。


プログラㇺ詳細

14:00~14:10 開会行事  
挨拶 理事長 清水 和久(金沢星稜大学)


○MC 関根 真理(啓明学園中学高等学校) 長谷川 早百合(明治学院大学)
14:10~14:40
基調講演
 COVID-19時代のSDGsと国際協働学習
ー困難な時代の異文化対話とメディア・リテラシーを考えるー
坂本 旬(法政大学)
COVID-19パンデミックは世界中に大きな脅威を与え、政治や教育に大きな影響を与えています。小学校から大学まで多くの学習者がオンライン学習を余儀なくされている中、ZoomなどのICTを使った一方通行指導ではない「ミツバチ型オンライン学習」の提案とCOVID-19が国際協働学習にもたらす課題とは何か、そしてそれはどのように追究されるべきかをデジタルリテラシーやメディアリテラシー教育と共に考えます。
14:40~15:20
【小学校参加の実践報告
〇TOPA(The Olympics & Paralympics in Action) プロジェクト
Let the Flame Shine as Our Hope (聖火を希望の灯に)
滝沢 麻由美(東洋学園大学)       
〇Holiday Card Exchange プロジェクト
小学校外国語教育におけるプロジェクト型国際協働学習の可能性 
「多文化多言語への興味関心」と「英語の学習意欲」を高めるために
                      尾関 はゆみ(東京純心大学)       
〇The Teddy Bear プロジェクト 
公立小学校が参加した初めての iEARN プロジェクト
    長谷川 早百合(世田谷区英語活動支援員)  
 15:20~15:30 諸連絡・休憩
 15:30~16:00
ICT活用ワークショップ
ロイロノートを使った遠隔授業やテスト採点
担当講師の変更 上野 浩司(沖縄尚学高等学校 附属中学校)→ 清水 和久(金沢星稜大学)
ロイロノートは、全国の学校で情報共有のツールとして毎日の授業で使われています。今回は、ロイロノートを教室内外で使う想定でいくつかの事例を紹介します。国際交流でどのように使えるのか。その可能性を探るヒントにしましょう。
*ZOOMとの併用になりますので、ZOOM用の端末とは別にスマホ、タブレットをご準備ください。
16:00~16:40
【プロジェクトの実践報告
〇Girl Rising   高3年生選択授業・「国際理解」
関根 真理(啓明学園中学高等学校)   
「まちんと」と「アンネ」
戦後75年に問いかけるプロジェクト 
高木 洋子(iEARN & JEARN) 
〇防災世界子ども会議 NDYS の15年
自然災害に強い、安全安心な社会を目指して 世界の災害の教訓をつなげよう
 納谷 淑恵(防災世界子ども会議実行委員会)
 
16:40~16:50  質疑応答
*ZOOM チャット上の質問へ回答する
16:50~  閉会行事 


※当日の様子を録画いたします。写真・動画は、JEARNが関与するWebサイト等の広報手段、ワークショップ資料に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。





ホーム  ニュース  ジェイアーンとは  アイアーンプロジェクト   ネットワーク  国際協働学習の研究  オンラインジャーナル  協力法人一覧  会員登録  お問い合わせ
Copyright © JEARNの公式ウエブサイト